ART SPACE NIJI 虹ロゴ
展覧会情報 スケジュール
過去の展覧会
トップページへ
レンタルギャラリー
アクセス
リンク
8月の展覧会スケジュール
7月9月

8月1日〜22日 夏期休廊 させて頂きます、

よろしくお願い申し上げます。
お電話、メールでの対応はさせて頂きます。

8月23日(火)〜28日(日)

高橋顕児 展  Takahashi Kenji ”自然の息吹き”シリーズ

イメージ

自然と。私の中の自然の一致、関係。

それを色彩で表現する事。

作家略歴
1950 大阪に生まれる
1975 京都市立芸術大学西洋画科卒業

個展 14回
1979 ギャラリー射手座/京都
1981 信濃橋画廊/大阪
1983 ギャラリーすぎうら/京都 ‘86 ‘89も
1990 ギャラリー三条/京都 ‘91 ‘96 ’01 ’03 ‘06も
2014 アートスペース虹/京都 ‘15も

グループ展
1990〜毎年 第1回帆の会展(京芸同機5人展)毎年開催京都文化博物館5F
       現在24回

コンクール展
1991 上野の森美術館大賞展
1992 上野の森美術館大賞展
2013 2013京展入選

8月30日(火)〜9月4日(日)

田中 奈津子 展 「繋ぐ、結ぶ、続く、絵」

イメージ

音楽室の肖像画、ヘンデル、バッハ、ベートベン、、、。
音楽を聴けば、その輪郭線は一気に揺らいだ。
音は私という境界線を超えて移動し、
全員が、調和し、繋がっている。

アトリエへ行くと、昨日の私の描きと再会する。
時に落胆、時に喜び舞い上がる。
鏡がなくても、私が私を確認できる、描き手にはそんな時間がある。
描くことが昨日と今日、明日を、結んでいく。

深夜に自宅へ帰る途中、いつも月を見る。
同じ円のかたちなのに、毎日違って見える。
見ている私の眼球も円、立っている地球の円、反対側の太陽まで円、、、。
月から私、太陽まで相似形が続く。

「絵」という漢字には、五色の糸で美しい織物を縫うという由来がある。
「Painting」よりも、「タブロー」よりも、
糸偏の、「絵」という字が、気に入っている。

作家略歴
1981年 福岡県北九州市生まれ
2007年 京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了
2008年 グループ展「ペインティングの恋人」/海岸通ギャラリーCASO、MEM(大阪)
2009年 「私湯」/MEM(大阪)
2010年 京都オープンスタジオ
2011年 「デコレーション」/アートスペース虹(京都)
2012年 「豊かな絵」/アートスペース虹(京都)
「あれから、そして、これから」 山本俊夫、藤原康子、田中奈津子/ギャラリーモーニング(京都)
2013年 「Fantasy for Adults」/アートスペース虹(京都)
「悦ばしき知覚」 関口敦仁、山部泰司、松井沙都子、田中奈津子/galerie16(京都)
2014年 「わたし壷世界」/アートスペース虹(京都)
 つくってみたかったもののおみせ/同時代ギャラリー スタジオ1928(京都)
2015年 「きょうの壺」 マネックス証券Art in the office 2015 審査員特別賞
「掲示板アート」 片淵綾香、山本恵、田中奈津子/高尾小フェス2015(京都)
2016年 二人展「SPECTRA」 鷹木朗、田中奈津子/ギャラリー恵風(京都) 他
7月過去の展覧会へ9月
art-niji@onyx.ocn.ne.jp